ペスカ

~初心者から上級者まで役立つ釣り情報サイト~

おすすめルアー

加木屋守プロデュース ヨコへヨコへ進むジャッカル スリックベイトを紹介!!




スリックベイト

今回、紹介するルアーは横へ横へ進むジャッカルの『スリックベイト』です。

このスリックベイトの元ネタはドリフトクローのヨコヨコメソッドですがドリフトクローのヨコヨコメソッドはセッティングがピーキーなうえに

ルアーが沈むことによって最初からヨコヨコアクションを出すことが難しく

さらにルアーの進行方向を変えるためにはフックを刺し直す必要がありました。

そこで、プラグ化してセッティングの必要を無くし、ルアーが浮くことによって綺麗なヨコヨコアクションを可能にして

ルアーの進行方向をスナップで簡単に切り替えられるようにしたのがこのスリックベイトです。

このようにスリックベイトは誰でも簡単にヨコヨコメソッドを楽しめるように作られています。

では、ルアーが横へ横へ進むことによって、アングラーにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

様々なカスタムが用意されたビッグベイト『ランナバウト』を紹介!!

 



攻められないポイント

このような岸際に草が生い茂っている場所では、通常のルアーだと草の下側まではトレースすることができません。

しかし、スリックベイトなら横へ横へ進む性質を活かして、草の下側へルアーを潜り込ませてバスを誘うことができます。

このように通常のルアーだと攻めることができないポイントを攻められるので、普段は釣ることができないバスを釣ることができます。

 

 

進行方向にアングラーがいない

表層系のルアーに魚が追尾して来るとどうしてもルアーの先に居るアングラーが魚の視界に入ってしまいバスにいらぬプレッシャーを与えることがあります。

しかし、スリックベイトなら横へ横へ進んでくれるので、魚がルアーを追尾してきてもアングラーが視界に入りにくく、いらぬプレッシャーを与えずに口を使わせることができます。

 

オフセットフックへのワームのセット方法やフックの選び方!!

 



岸へ魚を追い詰めるさまを演出できる

バスがベイトフィッシュを追いかける時は、岸へ岸へとベイトフィッシュを追い立てます。

これは、岸にベイトフィッシュを追い詰めるとベイトフィッシュの逃げる場所を画像のように限定することができるからです。

しかし、この岸へ逃げるベイトフィッシュの様を真っ直ぐ泳ぐルアーだと作り出すのが難しい状況がございます。

そんな時にも横へ進むスリックベイトの場合は簡単に岸に逃げるベイトフィッシュの様を演出することができます。

 

スリックベイト 総評

以上のようにスリックベイトは真っ直ぐ泳ぐルアーだと攻められないポイントや演出できない様を作り出せるおもしろいルアーでした。

攻略の幅を広げたい方におすすめのルアーです。

 

YouTubeチャンネルはこちらをご覧ください。

 

一誠 AKパンチとはどのようなルアーなのか?

 

 



返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です